膝の痛みに効くサプリメントないかな?

膝の痛みに効くサプリメント探してませんか?【失敗する】選び方!

膝が痛くなると、階段を上り降りするのや、散歩ようなちょっとした時間を歩くことや、立ったり座ったりなどもつらくなったりすることがあると思います。

 

 

 

 

そんな時に多くの人が膝の痛みに効くサプリメントはないかな?と思っていろんなものを試すことになるのですが、実は、このサプリメント選びで失敗する事って結構たくさんあるんですよ。

 

 

 

特に、グルコサミンやコンドロイチンが配合されているサプリメントで一度失敗した事がある人なんかは要注意です。

 

 

 

 

ここでは、膝の痛みに効くサプリメントを探している方のために失敗しないための選び方を紹介していますので、参考にしてみて下さいね。


膝の痛みに効かないサプリメントとは

膝の痛みに効くサプリメント探してませんか?【失敗する】選び方!

膝の痛みがでてきてしまうのは、関節軟骨、つまり骨と骨との間にあるクッションがだんだんとすり減ってきてしまうの原因、という事は知っていると思います。

 

 

 

 

だからこそ、膝の痛みに効くといわれるサプリメントは、関節軟骨の成分であるグルコサミン、コンドロイチンなどを配合し、これらの成分を摂取していれば、すり減ったクッションである関節軟骨はまた復活する、といったような話になっていますよね。

 

 

 

 

確かに膝の痛みの原因である関節軟骨のすり減りをカバーするためには、その成分となるグルコサミンやコンドロイチンを摂取することは重要です。
(因みに、グルコサミンは関節軟骨の成分というよりも、関節軟骨を作る原料となる栄養成分です。)

 

 

 

 

ですが、実はクッションと同じ成分をとることも大事ですが、実際にはクッションそのものを作り出す能力が衰えていることにあります。これが本当の問題といってもいいですね。

 

 

 

 

 

 

作り出す能力が衰えてしまった状態で、いくらグルコサミンやコンドロイチンといった成分を取り入れたとしても、期待できる効果は低くなると思いませんか?

 

 

 

作り出す能力がないところに、いくら原材料を入れてもやっぱり作れません。

 

 

 

いくら高価なグルコサミンやコンドロイチンのサプリメントを飲んでいたとしても、膝の痛みに効かないのは、関節軟骨そのものを作り出す能力の低下こそが原因だといってもいいほどです。

 

 

 

 

実はこの根本的な問題はグルコサミンやコンドロイチンのサプリメントを販売している会社もあまり声を大にして言えない事情です。


膝の痛みに効くサプリメントとiHA

膝の痛みに効くサプリメント探してませんか?【失敗する】選び方!

膝の痛みを感じ始めて、今までいろいろと調べた事がある人ならiHAという成分を聞いた事はないでしょうか?

 

 

 

 

このiHAという成分は膝のクッションを作り出す能力そのものを引き上げることに有効な成分です。

 

 

 

 

引用

iHA?の素晴らしい効果
当社で行った細胞試験において、「iHA?」はヒアルロン酸の産生を促進する効果を有ることを明らかにしました。また同時に、軟骨細胞の増殖を促進する効果を有することも明らかにしました。2つの作用の相乗効果で、生体内でヒアルロン酸の産生量を増やすと考えられます。
https://www.pharmafoods.co.jp/products/iha

 

 

 

 

ここで重要なことは、iHAという成分が関節軟骨の重要な成分の一つであるヒアルロ酸を作り出す能力を引き上げるだけでなくて、関節軟骨全体を作り出すために必要な軟骨細胞の増殖を促進する、という部分です。

 

 

 

 

特に、高齢になればなるほど、軟骨細胞は減少していってしまいます。

 

 

 

 

つまり、膝の痛みに効くサプリメントとしては、このiHAという成分は外せない成分といってもいいでしょう。

 

 

 

 

原材料があったとしても、それを作る工場の生産能力が衰えている状態であれば、作り出すにも限界があります。

 

 

 

 

いくら他にグルコサミンやコンドロイチンが配合されていても、iHAが配合されていなければいつまでたってもクッションを作られませんからね。

 

 

 

 

このiHAが配合されているサプリメントとしては、タマゴサミンというものがファーマフーズという会社で販売されています。

 

 

 

 

公式サイトには、このタマゴサミンを実際に飲んで効果を感じた人の体験談がとても参考になりますので、一度チェックしてみて下さい。

体験談はこちら↓↓↓